カマキリ農法。無農薬、有機栽培の担い手。

キュウリの苗の上のオオカマキリの幼虫
オクラの幼苗でじっとして動かないオオカマキリの幼虫
オクラの幼苗でじっとして動かないオオカマキリの幼虫
息子の指に乗るオオカマキリの幼虫

春先の家庭菜園では、昨秋からの長期栽培が続くソラマメやイチゴがアブラムシの被害に遭いやすい。冬の間に集めておいたカマキリの卵を枝ごと畑に10本くらい挿しておくと、孵化したばかりの小さなカマキリがアブラムシを捕食してくれる。農薬を使わずにカマキリに害虫駆除をさせることを俗にカマキリ農法と呼ぶ。カマキリは畑への定着性もよいので、小さな鎌を借りるメリットは大きい。

イチゴの葉にのるオオカマキリの幼虫
イチゴの葉にのるオオカマキリの幼虫

4月20日前後は二十四節気の「穀雨」。南からの暖かい春の雨が土を潤すので、古くから農作業と目安とされてきた。この時期、羽化したばかりのカマキリの初令幼虫は、体長1cm弱で水滴に溺れてしまうほど弱々しい。傘を壊すような嵐の翌朝にイチゴの葉っぱの上で元気にしている姿を見ると、強風と雨をよく耐えたと褒めてやりたくなる。1つの卵から100匹以上の幼虫が孵化しても、クモやトカゲに食われたり、鳥に狙われたりして夏まで生き残るのはわずかだ。

アブラムシを捕食する大カマキリの幼虫
枝豆の葉の上でアブラムシを捕食する大カマキリの幼虫

カマキリ農法は、本来の畑なら自ずとそうなっているはずの自然環境の一部をヒトの手で再現するやり方だ。大きく成長すると、野菜の花の受粉を助けるチョウやハチまで捕食してしまうので完璧ではないが、受粉を必要とする実のつく野菜は春夏がメインなので大きな影響はない。3年続けてポジティブな効果を実感している。

ミニトマトの葉の上のハラビロカマキリの幼虫
ミニトマトの葉の上のハラビロカマキリの幼虫

日本の農家で有機農法を行っているのは全体の0.5%しかいない。近代化する前は100%が有機農法だったことを考えると今はとても不自然な状況だ。生命の元を作るものには少量でも毒は入れない方がいい。虫食いがなく、形の良い、売れる野菜を大量生産するには、化学肥料や農薬を使わざるを得ない。現代の日本ではそれを否定する必要はないが、自分で育てて家族が食べる野菜くらいは、カマキリの助けを借りながら有機栽培を続けようと思う。