タオ島からバンコクへ

2007年7月11日
タオ島の桟橋と船

日記をつけていなかったらタオ島に何日いたのかわからなくなるくらいだった。南の島のリズムにはまってしまい、バンコクに戻るのが面倒臭く思えていたが、タイのノービザ滞在期限が1週間後に迫っていることに気づき、重い腰をあげてバンコクに戻ることにした。

そして久しぶりにネット屋に行った。バンコクでは1時間30バーツのネット屋が、タオ島では120バーツもするのでしばらくインターネットを利用していなかった。日本や世界で何が起こっているのか知らずに日々を送っていた。ニュース記事を読むと、現実に戻った気がする。

タオ島の海とスコール
タイランド湾 海上のスコール

14:30の船に乗ってタオ島を出発した。船室はエアコンが効き過ぎていて思わず笑ってしまうほど寒い。あいにくの天気で風が強く海上にはスコールがいくつも見えた。沖に出ると波も荒かったので軽く船酔いしてしまった。

チョンポン 港
チュンポン 漁船

タオ島を出て約3時間後、チュンポンの港に停泊する漁船の間を抜けて船着場に到着した。バンコク行きのバスは20:00まで出発しないので数時間チュンポンの町中をぶらつきながら時間を潰した。タオ島からバンコクまでの移動は、船とバスのセットで600バーツ(約2160円)。乗り込んだ2階建てバスは明け方にカオサン通り近くに到着する予定となっている。