四川省の秘境「黄龍」 数千の青い池が連なるカルストの峡谷

黄龍 バス 峠 ヤク

四川省アバ・チベット族チャン族自治州の黄龍風景区は、皇帝の象徴ともされたその龍の名が付けられた岷山山脈の峡谷エリア。野生のパンダやキンシコウの生息地として生物保護区にも指定されていて、九寨溝と合わせて訪れる人も多い。黄龍を訪れる旅人が宿をとる松潘から黄龍行きのバス(24元)に乗り込んだ。バスは途中、冬の間は雪で閉ざされる標高3,840mの峠を越える。

岷山山脈最高峰の雪宝頂

早朝の山肌でヤクの群れがのどかに草を食み、背後には真夏でも山頂に雪を抱く岷山山脈の最高峰、雪宝頂(5,588m)がそびえる。

黄龍入口前の道路
黄龍 水餃子

松潘からのバスは1時間半後に黄龍に到着した。朝8時、朝飯がてら近くの小吃(シャオチー)でアツアツの水餃子を食べる。高山のバス移動で冷えてしまった体が温まった。

黄龍 入口

黄龍に入ったら後はひたすら歩く。目指すは黄龍で最も美しいとされる五彩池で、入口から約4.3kmの道のりだ。先日訪れた九寨溝の入口は標高2,000mだったのに対し、黄龍は入口で既に標高3,200mを越えている。酸素濃度が低地の3分の2になるので、ツアーで低地から飛行機で一気に黄龍に来た場合などに高山病の症状が出ることがあり、風景区内の休憩所では携帯酸素が売られていた。

黄龍 金沙舗地

黄龍は世界遺産にも登録されているカルスト地形の景勝地で、中国語で黄龙(ファンロン)、チベット語では、གསེར་མཚོ།(セルツォ)と呼ばれる。岩肌を流れる黄色い金沙舗地と呼ばれる川。峡谷を昇る黄龍に例えられる。

石灰華段
黄龍の石灰華段と玉翠峰
黄龍 エメラルドグリーンの石灰華段

遊歩道を歩いて上流に向かっていくと、周囲に段々畑のような池(石灰華段)が現れる。登る太陽に照らされて湖面が輝いていた。

黄龍 中寺の線香
黄龍 中寺

玉翠峰(5,160m)を背後に建つ中寺は、1368年から1644年まで続いた明の時代に建立された仏教のお寺。内部にはチベット仏教の巨大なマニ車が並んでいた。

エメラルドグリーン 五彩池 黄龍古寺
黄龍 五彩池と黄龍古寺
黄龍 五彩池の全景

最深部の五彩池(標高3,553m)には入口から3時間後に到着した。カルストの石灰岩から溶け出した炭酸カルシウムが乳白色の結晶体として湖底に沈殿し、数千にも分かれたエメラルドグリーンの池を作り出している。

黄龍 五彩池
黄龍の五彩池 エメラルドグリーン

同じカルストの九寨溝の景観も素晴らしかったが、黄龍は特に色のインパクトが強い。透き通ったエメラルドグリーンの水は奇跡的な美しさだ。

黄龍 高山植物 チドリソウ
黄龍 高山植物 紫 花
黄龍 高山植物 紫 花
黄龍 高山植物 ピンク 花
黄龍 高山植物 白 放射状 花
黄龍 高山植物 茶と緑
黄龍 高山植物 青 花
黄龍 高山植物 ピンク シオガマ
黄龍 高山植物 シオガマ

黄竜で撮影した高山植物。冬はマイナス10℃まで冷え込み、夏でも平均気温が10℃という高原湿地帯。雪解け水の多い夏がベストシーズンとされているが、紅葉の秋も美しいそうだ。

黄龍 鍾乳洞

最深部の五彩池の近くにある鍾乳洞。

黄龍 カルスト 池
黄竜風景区の全景

黄龍の全体像。

黄龍 ロープウェイ

復路は昨年(2006年)に開通したロープウェイで一気に谷を降りた。バス乗り場まで行って松潘行きのバスに乗った。朝4時に起きて松潘に戻ったのは17時、なかなかタフな観光だった。中国神話での黄龍(コウリュウ)は、青龍、朱雀、白虎、玄武といった霊獣のひとつ。五行思想では土行(土用)と結び付けられている。