2007年4月20日

旅立ちの日。タイのバンコクへ。

旅立ちの日が決まってから準備に追われ、今日から世界を旅するという実感がない。少し肌寒い春の朝、バックパックを背負い、両手が塞がるほどの荷物を持った僕とマイコは、朝のラッシュで混雑する電車で成田空港へ向かった。

タイのバンコクまでは、10:30発のフライトで7時間弱。徹夜で荷造りしていたので、エコノミー席の小さなモニタで映画を観ながら眠りに落ちた。

タイ時間の16:00過ぎ、半年前に開港したばかりのバンコクの新しい空の玄関口、スワンナプーム国際空港に到着。ガラスを多用した明るく斬新なデザインの空港内は、たくさんの人でごった返していた。ATMでタイバーツを引き出し、450バーツ(1,620円)のエアポートタクシーで目星を付けておいたゲストハウスへ向かう。ハイウェイを走るタクシーの窓から異国の大都市を不安な気持ちで眺めた。

渋滞を抜けて約1時間、通りから一本入った場所にあるゲストハウス、New Siam IIに到着。ダブルに二人で820バーツ(2,950円)でチェックインした。バックパッカー向けのゲストハウスにしては高めだと思うが、初日の宿として安心して泊まることができそう。初めてのタイ。空港に着いてから気が張っていたので、重たい荷物を降ろし、安堵のため息をつくことができた。

夜、世界中からバックパッカーが集まるというカオサン通りに行ってみた。派手なネオンが光る300mほどの通りには、バックパッカー向けの安宿、屋台や露店、レストラン、バー、ネットカフェなどが軒を連ねていて、とにかく騒々しい。通りを歩くバックパッカーとタイの若者や客引きが入り混じり、昨日までの生活とはかけ離れた異様な光景だった。屋台から漂う芳ばしい香りと人々の汗や香水が混ざった、なんとも言えない匂いが鼻をかすめる。夜のカオサン通りは熱気と活気に満ちていた。僕らはカルチャーショックを受けてゲストハウスへ戻った。