TRAVELOOSEについて

TRAVELOOSEは、2007年に僕が妻と共にバックパッカーとして世界を旅した際に立ち上げたホームページです。世界の50以上の都市や地域に滞在し、旅した記録を写真と文章で綴っています。いつか息子に自分達が旅した世界を知ってもらえたらと思い、過去の記事に加筆を加えながら更新しています。

世界を旅した当時の時代背景

2007年は、まだスマホやSNSがなかった時代。FacebookやTwitterは日本では展開されておらず、Instagramもなかった。リアルタイムの情報がほとんど手に入らなかったので、ガイドブックの切り抜きや、ゲストハウスに置いてある情報ノートが旅の情報源でした。

世界では、イラク戦争が長期化し、原油価格は史上最高値、イスラム原理主義組織ハマスがパレスチナのガザ地区を武力占拠、ミャンマーは軍事政権に反対するデモが拡大し市民を武力弾圧、年末にはアメリカのサブプライムローン問題で金融市場の大混乱が始まった時代です。その後の世界と比べると、まだ旅をしやすい時代だったように思います。

よく質問されること

どこが一番良かった?

チベットとネパールを含むヒマラヤ圏の旅。景色だけでなく民族や宗教も色濃く、強く印象に残っています。

いくらかかった?

ワンワールドの世界一周航空券(四大陸18フライト)が燃油サーチャージ込みで一人53万円。出発してからは一人150万円程使いました。

1ドル120円、1ユーロ156円の円安でしたが、アジアではまだ円が強かった印象です。新生銀行が海外ATMサービスをやっていたので、世界中どこでもPlusマークのついたATMで現地通貨を当日のレートで引き出していました。

危険はなかった?

ネパールのカトマンズやインドのバラナシでは、滞在中に近くで爆弾テロがあって死者が出たり、ペルーではアンデス山脈をバスで移動中に農民による道路封鎖のデモに巻き込まれるということがありました。

盗難に関しては、バックパックに施錠するなど用心していましたが、ペルーとボリビアの国境デサグアデーロで複数人の国境警察に、個室に連れて行かれ、荷物チェック中に現金(ユーロ)を抜かれました。当時、この国境の警察による盗難は有名だったようなので、事前に知っていたら防げたかもしれません。

僕は中国で細菌性の胃腸炎にかかり、病院で三日間点滴を打ちました。成都では、宿のベッドで南京虫に身体中刺され、痒みが収まってからも半年以上跡が残りました。

妻は、ヒマラヤをトレッキング中に自分の判断ミスで日が暮れてしまい、光が一切ない真っ暗の山道を歩いたことが怖かったと言っています。

現在について

2015年に息子が誕生し、家族3人で日々を大切に暮らしています。息子と一緒にヒマラヤをトレッキングすること、シルクロードを旅することが夢。2017年から近所で小さな畑を借りて、野菜を有機栽培しています。年間40種ほど育てていて、季節野菜はほぼ自給自足できるようになってきました。写真はCanon R6とRPで撮影。最近ドローンのDJI Air 2Sで空撮を始めました。